ヘルペス退治の医薬品

すぐ治せるヘルペス治療のお薬があります。悩まず一緒に解決していきましょう。

ニキビと間違えるヘルペス!高血圧は脳卒中に注意!

顔のニキビを気にしている女性ヘルペスには、単純疱疹と帯状疱疹の2種類があります。ニキビと間違えやすい口周りのヘルペスが単純疱疹で、身体の神経に沿って帯状に広がる物が帯状疱疹ですが、それぞれ別のウイルスが原因です。
皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすニキビに対し、ウイルスが原因の単純疱疹ですが、紫外線の刺激で引き起こされたり、風邪が原因となったりするので、どうしてもニキビと間違えやすいです。こちらのヘルペスは、何度も再発するタイプの病気です。
次に、子どもの頃にかかる、いわゆる水疱瘡ですが、治癒後はウイルスが体内に潜伏しています。これが大人になって、体調を崩して身体の抵抗力が落ちた時に、帯状疱疹となって現れます。

さて、高血圧の方は、その後の生活習慣のいかんによって合併症を引き起こし、脳卒中の危険が増大すると言う話を聞いた事がある方は多いと思います。ところが、成人で帯状疱疹にかかった方は、1年以内に脳卒中にかかる確立が31%も危険が増大すると2009年発表されています。
つまり、高血圧の方で、帯状疱疹にかかった方は、普段から脳卒中の対策を実行しておいた方が良いでしょう。たかが高血圧と思われる方もみえるかもしれませんが、脳卒中はある日突然発症します。
発症すると、その治療は時間との勝負で、治療が遅くなると身体にマヒが残ったり、命を落とす危険もあります。
ですので、普段からの対策は必須といえるでしょう。

対策としては、毎晩寝る前と朝起きた後に、コップ一杯の水分補給を行う事です。簡単な事ですが、実際に実行する方は少ないのではないでしょうか。寝る前に一杯、起きた時のために枕元に一杯、必ず水を用意しておきましょう。
たったこれだけの事で、発症率が格段に違います。特に疾患のない方も、出来ればぜひ生活習慣に取り入れると、これがその後の予防になります。