ヘルペス退治の医薬品

すぐ治せるヘルペス治療のお薬があります。悩まず一緒に解決していきましょう。

性別ごとの感染症の種類

感染症は様々なものがあります。
学校での出席停止になるようなものには、インフルエンザがあげられます。
他におたふくかぜやはしか、水ぼうそう、結核なども感染症の一種です。
これらは予防接種をうつことによってある程度は防ぐことができるものです。
他にもノロウイルスやノロウイルスによるものもあります。
発熱や下痢、嘔吐などがあり、それらからうつってしまう危険性があります。
以上のようなものはとくに男女の性別によるかかりやすいなどの差はあまりありません。
しかし感染症の中には性別によってかかりやすいものがあります。
性別ごとの感染症の種類は違います。
たとえばHIV感染者はどの年齢層をみても男性の方が多いです。
クラジミア感染症は女性の中でもとくに10代20代という若い女性に多いものです。
同じ若い人に多いのは、淋菌感染症です。
こちらは対照的に男性に多くみられる感染症です。
ただ女性は感染しても気が付かないともいわれています。
性器ヘルペスは女性の多い感染症でこちらは20~30代の女性に集中しています。
再発もすることが多い感染症です。
これらをみるとやはり性感染症では男女別でかかりやすいものが違います。
年齢にはあまり関係はないようです。